10月25日のハイパー縁側は、金井みちよさんをゲストにお迎えしました!
テーマは「”今日も楽しかった!”毎日がんばる大人が人生楽しむコツ」

金井さんは運動指導のお仕事をされています。これまでにプールのエアロビクスの指導をなんと10,000回、パーソナルトレーニングを10,000人に行ってきたり、ミミスタイルという女性向けの脚専門トレーニングの指導をしています。

また2021年春に大人のためのオンラインカルチャースクール「ミミスクール」を開校。書道、かたづけ、話し方などのレッスンのほか、大人の体力測定会も実施しています。

そんな金井さんも昔はぽっちゃりしていたそう。それもあって柔道にスカウトされ、高校は柔道推薦で日本一になるような強豪校に通っていました。ですがひざはぼろぼろ、減量を1年間で4-5回繰り返すような全く健康でない状態でやっていたといいます。その経験から現在の健康指導では、ただ細いだけでなく強くて動きやすい体づくりを一番大切にしています。

運動指導の世界に入るきっかけは、OL時代にフィットネスクラブに入会し、社員さんにこの業界でやってみないかとスカウトされたことでした。10,000回も指導を行うことは中々できないことですが、やってみたらめっちゃ楽しかったと金井さんは話します。

“心が通じた、楽しさ”

参加者が目をきらきらさせて動いてくれるのをみて、私は生きていると感じたそう。それはどういうことかというと、心が通じたことだと話します。教える仕事ですが教えている感覚はなく、お互い何も言わずともわかる時の楽しさを感じ、これは天職だと思いました。

金井さんがトレーニングで見ている人の中には、腹筋運動をしていないのに腹筋が割れている人がいたそうです。話を聞くと忙しい、色々がんばっていることがある、呼吸が浅いなどの状況があることを知ります。ストレッチをしても、次の週また体が縮こまっている様子をみて、それまでは運動や健康が最高と思っていましたが、メンタル面の方にも関心を持つようになりました。忙しい中で少しでも自分のための時間ができたらいいなという思いから立ち上げたのが、ミミスクールでした。

金井さんは、自分の居場所は家族だと話します。もともとお父さんが韓国にルーツをもっており、生まれ育ったのは日本ですが韓国人として生きてきました。柔道で全日本の予選大会で優勝しても、日本国籍でないことで全日本代表選考会には進めなかったことも。
海外の人からはあなた日本人だよと言われる一方、日本人からは日本人ではないと言われることもあり、私は何者なのか、私はここにいていいのかわからないと思うこともあったそうです。数年前に帰化して日本人になりましたが、自分のルーツについて、壊れそうで壊れないようなものが自分の中にずっとあったそう。

大人になり人生を振り返るとその中に家族があると話します。家族には今一緒に暮らす人だけでなく先祖があり、自分達の後にもあります。みなそれぞれの人生の中で仕事、家庭、育児などいろんな事があり、人によって感じる楽しさは違いますが、みんなにとってよかったなと思うことが増えたらいいな、という価値観で今過ごしています。

一日一日、楽しかったと思うことを小さいことから見つけて積み重ねていって、振り返ったら人生よかったと思えたらいいな、と最後締めくくってくださいました。

次はぜひハイパー縁側で大人の体力測定会をしたいですね!

【金井みちよ】
Mimi Style 代表
健康運動指導士。パーソナルトレーナー。
運動指導歴21年。グループ指導10,000回。パーソナルトレーニング10,000人。 柔道三段。
大人の体力測定会「オトタイ」主宰。
女性の股関節に着目した痛みの出ない強くて美しい脚作り「美脚道場」主宰。
毎日がんばる大人のためのオンラインカルチャーセンター「ミミスクール」代表。