昨日のハイパー縁側は「Re:ホップとクラフトビールとコミュニティのおはなし」。山田まり子さんと松尾弘寿さんをゲストにお迎えしました。

賑わい

いつもより遅めの開催というのもあり、トークを楽しむ人、クラフトビールを楽しむ人、たくさんのお客さまで賑わいました!

ホップ栽培やクラフトビールを通じた、THANKS HOPの取り組みが始まって約1年。その活動の輪は急速に広まったと同時に、新たな悩みも。そんな生の声が聞けるトークセッションでした。

【山田摩利子】
一般社団法人うめらく 代表
http://umeraku.sakura.ne.jp/

【松尾 弘寿】
ブリューパブスタンダード株式会社 代表

20代前半から興味のあったクラフトビールをウリとした飲食店での起業を意識し始め、ブリューパブの業態を知る。
2016年4月23日、大阪市中央区にて「ブリューパブテタールヴァレ」を開業する。2016年8月1日にはブリューパブに必要な酒類製造免許を取得。自家醸造のクラフトビールの製造を開始。
2017年6月には国際的なビール品評会アジアビアカップのダークエール部門で自社醸造のロブストポーターが金賞を受賞。今後は関西を中心にブリューパブの業態を広め、クラフトビールの文化を日本に根付かせる活動を幅広く展開する。http://brewpubtv.com/
著書:「ブリューパブへようこそ!」(出版:ギャラクシーブックス)