6月26日のハイパー縁側は、博士号を持つビール醸造家の北田耕大さんをお迎えしました。

テーマは「クラフトビールを造る工学博士のものがたり」。

北田さんが、ハイパー縁側でも提供しているクラフトビールを醸造するブリューパブスタンダード株式会社で働き始めたのは大学の博士課程に進んだ時。

当たり前に就職する流れへの疑問や、大学の先生になりたいと言う理由から進学を選びましたが、期待していた研究奨励金が得られず、大好きなお酒が飲めない状況に…

どうせ働くなら畑違いと諦めていたクラフトビールを造りたい!と各社にアタックし、ようやく採用が決まったのがオープン前日に偶然見つけたテタールヴァレ(ブリューパブスタンダード株式会社の1号店)でした。

“博士”

そこから平日は研究と仕事、休日はビールの仕込みとその後の飲酒!?と言う生活が続いた結果、少し長めの在籍となりましたがこの春、無事に博士号を取得。

このご時世で中止となった授与式はセンターポイント(ブリューパブスタンダード株式会社の2号店)に教授陣が集まって行なわれると言う、心温まる展開に。

子どもの頃から化学成分が好きだったと言う北田さんの夢は、日本にビール醸造の教育機関を作ること、研究テーマともつながる冷凍のプロセスを使ったビール「アイスボック」を作ること、そして彼女を作ること、だそうです!

話題が盛り沢山の北田さんが気になった方は、ぜひセンターポイントに会いに行って下さいね^_^
https://brewpub.co.jp/brewpub-center-point/

【北田耕大】
ブリューパブスタンダード株式会社 ブルワー
1990年8月6日生 兵庫県西宮市出身
2014年3月 大阪府立大学工学部卒業
2016年4月~ ブリューパブスタンダード株式会社 ブルワー(法人化は2017年12月)
2019年3月 大阪府立大学大学院博士後期課程満期退学
2020年3月 博士(工学)取得 学位論文名「氷中におけるアミン類と亜硝酸の特異的な反応の促進」