11月12日のハイパー縁側は、江上浩子さんをゲストにお迎えしました。
テーマは「全ての不調は口から始まる〜ウイルス対策は口腔から〜」

江上さんは旦那さんと結婚してから中津に住み始め、お2人で歯科を営まれています。お二人で様々な所に旅行に行ったりとても仲良くされています。歯のことは歯医者である旦那さん、顎関節症やリンパのことなどは江上さんが担当し、みなさんの健康を守るため活動しています。

江上さんは、口臭に悩み・不安を抱える方のカウンセリングを行ったり、顎関節症の権威の先生からあごを緩める「さとう式リンパケア」を学び、インストラクターとしてケアをしたりしています。さとう式リンパケアは口腔だけでなくお肌への効果も大きく、江上さんはここ3-4年すっぴんでいらっしゃいます!

手足などを含めた体の構造はすべて顎とつながっているという理論に基づき、体のバランスを整えるキラパタ体操も実演してくださいました!

お口の中で、歯や舌はなくなっても生きることはできますが、唾液がなくなると話せず、食べることもできず苦しくなると話します。お口の中で一番重要なものは唾液で、体にとっての血液と同じぐらい大事なもの。唾液を出すためには、生水やカルキをとばした水道水を1日1-2リットルは飲むことが大切だそうです。

睡眠中は唾液が出ないためバクテリアが増えてしまい、起床時の口の中はうんち10グラムと同じぐらい汚いそう!ウイルスが喉の奥に入らないよう、朝一番の歯ブラシが大切です。また鼻呼吸が大事なので、それを意識できるよう舌と顔の筋肉を動かすあいうべ体操など、口腔に関する健康維持法を色々教えてくださいました。

“毎日続けることが大事”

セルフケアは毎日続けることが非常に大事です。歯医者さんで歯石を取ってもらえば普段は気にしなくていいのではなく、毎日歯磨きをし定期的にメンテナンスをすること。歯だけでなく自分の体は自分でメンテナンスをして、お医者さん任せにしないことが大切です。

ケアとともに人とのコミュニケーションも大切であり、人と話し、笑い、歌ってコミュニケーションをとっていると頭もボケないと話します。

普段中々意識しづらい口腔も、私たちの健康にとても重要な意味を持つんだとたくさん学ばせていただいた会でした。

【江上 浩子】
江上歯科 口腔ケア研究室 室長
さとう式リンパケア・インストラクター。
口臭治療EBAC・認定カウンセラー。
口臭や筋・筋膜性歯痛、ドライマウス、口腔内不定愁訴、オーラルフレイルなどの口腔トラブル、顎関節症などのセルフケア法を研究、啓発する。
篠山に住んでいた子供の頃、学校から帰って遊んだのは近所の男の子。ザリガニ釣りをしたり、自然の中を走り回る活発で元気な女の子でした。
子供の頃から自然が大好き。
そんなことから白いキャンバスのようなニュートラルな心を大切にしています。

https://egami.ne.jp/