相島淑美(あいしま としみ)

神戸学院大学 経営学部 准教授/関西学院大学・大学院 非常勤講師/博士(先端マネジメント)

マーケティングの領域に日本の伝統文化、文学、美学の視点を取り入れたユニークな視点から「おもてなし」研究に取り組んでいる。

横浜市出身。上智大学英語学科、慶應義塾大学大学院文学研究科(英文学専攻)においてアメリカ文化について学ぶうち、日本とアメリカの精神性の違いに強い興味を抱き「日本人はなぜ〇〇するのだろう」と考えるように。この問いが出発点となって、ホスピタリティとおもてなしの違いを探り続けている。
元日本経済新聞記者。翻訳家としての顔も(鈴木淑美名義)。来春はじめての著書を出版予定。

【オンライン トークセッション】
12月4日のゲストは、日本独自の“おもてなし”を文化・文学・歴史の視点から研究される相島さんです。当日は相島さんとご一緒にホスピタリティとおもてなしの違いを紐解きながら、生命力が感じられる“場”をいかにして作る事が出来るか、考察してみましょう。

【テーマ】
“おもてなし”に生命力を吹き込む

【開催日時】
12/4(金) 18:00〜19:00

【ライブ配信先】
https://www.facebook.com/NAKATSU.NishidaBuilding/